Hugoのテーマ「Theer」を作成しました

GitHubで使われているPrimerのスタイルに基づいて、Hugoのテーマ「Theer」を作成しました。 GitHubのReadmeのようにシンプルで読みやすく、さらにブログ的な要素としてヘッダとTOC(目次)が表示できます。 Hugoの使い方とともに紹介します。

ソースコード

こちらで公開しています: https://github.com/ghoostqq/theer

このブログもTheerが使われています。

Hugoとは

そもそもHugoとは、Go言語で書かれた静的Webサイトジェネレーターです。
GitHubに静的サイトを公開する方法としてJekillなどが知られますが、Hugoもそれと同様のものになります。
記事をMarkdown形式で簡単に編集することができ、コードブロックも自動で解釈して表示してくれます。

公式チュートリアル(英語)に則り、Hugoの使い方を紹介します。

1. Hugoのインストール

Homebrewでインストールします。

brew install hugo

2. サイトの作成

好きな名前をつけましょう。

hugo new site myWebSite

3. テーマを追加

手前味噌ですが、Theerを追加しましょう。

cd myWebSite
git init
git submodule add https://github.com/ghoostqq/theer.git themes/theer

echo 'theme = "theer"' >> config.toml

4. コンテンツを追加する

ブログとして使うもよし、ポートフォリオとして使うもよし。 使い方は自由です。
投稿を作成するには次のコマンドを使います。

hugo new posts/my-first-post.md

サーバをローカルで起動して変更を確認できます。 -DオプションはDraft、つまり下書きを含めてプレビューするモードを指示します。

hugo server -D

Web Server is available at http://localhost:1313/ (bind address 127.0.0.1)などと表示されるはずなので、ブラウザでhttp://localhost:1313/にアクセスしましょう。

5. …

以上で終わり! 自分だけのコンテンツを配信しましょう!